読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺大学生から何とかぬけだしたい

1か月ぶりのPCが帰ってきて思うこと

昨日一か月ぶりにPCが修理から戻ってきました。ちょうど前回の記事を書いた直後だったので本当に長かったです。

というわけで今回はPCが帰ってきて僕が何を思っているのか、ということをだらだら書いていきます。

 

 1.今までどのようにPCを使ってきたか

2. 僕の中でのスマホとPCの役割の違い

3.今回PCが帰ってきて夢見ること

 

 1今までどのようにPCを使ってきたか?

 実際のところ情弱なんでもともとPCはあまり使ってませんでした。ゆるふわな学科にいることもあり、レポートや課題はそんなに多くはない上、(また底辺大学生なのでそもそも家に持ち帰ってまで課題をやらず、さぼっているというのもある)PCを使う趣味がないので何かPCを使う必要があるとき以外はそもそも開くことすらなかった。

 ただ、せっかく高いお金を出してもらったのにPCを有効利用していない状況になんとなく申し訳なさというか不安感もあって、それでブログを書くことによって毎日PCを開く習慣が身に付くんじゃないか、と思ったんだがPCが壊れるという予想外の事態により更新一日で途切れるという情けないことになってしまったという実態がある。(三日坊主にすらならないのは草)

 そんなわけで今まで大学入学以降の二年間自分のマイPCを持ってきたわけだけど実際に起動した日数を出すと100日ぐらいというのが正直なところだと思う。

 もしこれから新入生でPCを買おうかと思っている人がいるのなら、具体的に使う用途が見えてないのなら買うべきではないと忠告しておく、確かに大学の課題などでPCを使う必要があるのは事実で、そこは否定しないが、(恐らくほとんどの)大学はキャンパスに学生の使えるPCがあり、他の人が周りにいると集中できない!という人以外はそこでやったほうがはるかに効率的に課題をやることができる。恐らく意識の低い感じの大学生が大学の勉強に自分のPCが必要なケースとしては

1空いているコマはほとんど友達と遊びに行く、授業後休日はサークルやバイト等ですぐに大学からいなくなる、またはよりつかない、というウェイ?な大学生

2他人の目線が気になってほかの人がいると勉強できないという神経質な大学生

3授業のノートはPCでとるというハイスペック?な大学生

ぐらいではないだろうか。(ただ極端にコミュニティーが狭く、なおかつ視野が狭いので全く一般的な大学生の実情を反映できてないかもしれない。)

かなり本題からずれたので次行きますね。

 

 2僕の中でのスマホとPCの役割の違い

 引っ越し時に物を捨てようとするとやたら使いたくなって捨てがたくなるのと同じように今はやたらこのPCを使いたくてしゃあないのです。ここ最近引き小茂井のスマホ中毒患者と化していたこともあって、このPCがこのどうしようもない現状を変えてくれる救世主のような感情になっています。(実際には中身の自分が変わらないと何も変わらないのは知ってはいるんだけど、、まあ許して。)

 その認識(期待?)に拍車をかけているのが、スマホは受信する道具・PCは発信する道具、という僕の認識なんですよね。この認識が他の人にどのぐらいきゅかんされるかわからないんですが、僕はTwitterInstagramをやってないし、Facebookはやってはいるけど自分では投稿せずひたすら知り合いの活躍を見て劣等感を駆り立てる自虐のツールとして使っているのでスマホはひたすら受信の道具なんですめ。ネットサーフィンをしたり、Youchubeで動画を見たり、電子書籍を読んで時間を吸い込んでいくもの、そしてまれにラインやメールで連絡を取る道具っていうのが僕の中のスマホ像です。

 一方で自分があまり使わない分PCにはやたら神格化、理想化しています。僕はスマホで長文を打つことができないからということもあって、PCを基本的に自分の意見をは新するツールだ、と思ってます。また、PCは机に向かってじゃないと使えないと思っているのでスマホと同じようにネットサーフィンをしてたり、動画を見ていい手もスマホで同様のことをやっているよりも集中してやっているような気がします。(実際にはどうなんですかね?)そんなこんなで自宅でくつろいでいる時にPCを使っている人は僕の中では高尚でかっこいいというイメージがあります。

 

3.今PCが帰ってきて夢見ること。

 ここまでだらだらと書いてきてわかってもらえたと思うんですけど、僕の中ではスマホ<<PC なんですよね。

 だから、まずはスマホ中毒を脱してその時間をPCとかにむけたいなーと思うわけです、(ゆくゆくはその時間に勉強したり、バイトしたりしたいんですけどそれはさらに次のステップということで。。)

 そこで今考えているのはPCのゲームで僕がはまりそうなやつないかなーってことです←レベル低い。。

PCのゲームにはまることができればスマホに向かっている時間も減ると思うんですよね。ただ問題は僕は今まで殆どゲームにはまったことがないということ。(小学校のポケモンとか中学のモンハンぐらい?)だから今更自分がはまることのできるゲームを見つけることができるかかなり不安なんですが地道に頑張って?行きたいと思います。

いっそプログラミングとかにはまれば最高なんだけど。。

ということでプログラミングとブログにはまってそれでお金が稼げるようになることを夢見ながら今日は寝ることにします(笑)

引越し準備と自己肯定感

f:id:jkimprove:20170216095918j:plainやっとテストが終わったかと思っていたら、もう2月も折り返しを迎えたということに愕然としているjkimproveです。

 

今回は悩んでいる人も多いんじゃないか(もしかして僕だけかな?)ということで引越しの話です。

 

突然の質問になるんですけど、テストなど課題に対して余裕を持って終わらせたり、計画的に実行できるタイプですか?

僕は計画性とかが全くなくて直前になって慌ててやる気を出す(ことができたら上出来)という感じのダメ人間なんですが、今引越しの段になってみてもそういう体質が出てしまってやばいことになっています。

僕の退去日は2/28なので今ちょうど二週間前になった時期なんですけど、やるべきことをまだほとんどやってないんです。

せいぜいやったことは引越し先をきめたこと、退居日を決めて大家さんに挨拶をしたぐらい。。

今時ネットで調べればやることなんてすぐに出てくるのにブログを書こうと思ってやっと自分のヤバさに気づきました。二週間前までにやらなきゃいけないことってこんなにあるんだ(T . T)

hikkoshi.kakaku.com

ガス・水道・インターネットなどの解約・開始手続き、粗大ゴミの処理・保険関係、、、

大事なやつばっかりだ、、、

次の家がシェアハウスで引越し後のインフラについては完備されているからって油断してた、、

 

一応何でこんなことになるのかっていう理由を考えてみると、一応問題を後回しにするとやばいってわかってるんです。ただいまいちどんなことになるんか想像できないというのと、さらに言えばそれを具体的に想像するのが怖いという本当にクソみたいな気持ちがあります。これも結局多少痛い目に会うぐらいで済むという楽観的な気持ちと、どうせ自分がうまくできるはずがない(成功イメージを持てない)という僕の自己肯定感の低さから来てるんだろうな、と思うわけです。

 

だからこそ、自己肯定感をあげたいな、と思ってこうしてブログを書いているわけですが、、、本当に努力する方向がこれで合っているのかということは自分でもよくわかりません。でも大きなことをやろうとしても挫折してさらに自己肯定感下げるだけだし、、

 

なんか鬱っぽい感じになってしまいましたが、まずはリストのやつをこなすこととブログを書くことを今はやろう。(結論から滲む小並感がすごいな、、)

ではでは

 

ブログを書く理由と書き始めるまでのグダグダ

f:id:jkimprove:20170216095717j:plain今こうやってブログを書いているんですが、実は最初にブログを書こうと思ったのはいつだったのか、と自分でも分からなくなるぐらい時間がかかっています。僕のようにブログ始めたいな、と思いつつ中々はじめられない人もいるんだ、ということで今日は書いていきます。

最初にブログを書きたい、と思うきっかけって皆さんが何なのかはわかりませんが、僕にとっては主に3点の理由がありました。

 

一つ目はブロガーへの憧れです。

と。こう云うとカッコ良い感じがしますけど、実際は月に何十万も稼いでいる方の

ブログを見て、羨ましいと思ったってだけです。ただ羨んだり、妬んだりするのはさもしいというかみっともないので、じゃあ自分でブログをやって健康的な形でこの思いを晴らしてやろうと思ったわけです。なんというか憧れという割には全然ポジティブじゃないですね。

 

二つ目は日々が空虚に流れていくことへの危機感でしょうか。

もう、タイトルにもあるように僕はまともな人間生活を送るのか厳しいぐらい自己肯定感が低いんですね。それで自分が今までに送ってきた時間を全て無駄にしてきたかのような感覚を持っているのでそれをブログを書くことで何か価値のあるものに、世の中に残るものきできないかな。と思うようになりました。

特に自分の場合は、ひたすら同じことを思い悩んできたような気がするので、その思春期を未だに繰り返しているような悩みを記録していけな、まあ恥ずかしい思いはするけれど、前に数すんんでいけるんじゃないかなって思っているわけです。

 

三つ目はブログを書くことで自分を客観視できるようになれるんじゃないか、という期待になります。

僕の好きな林修さんは社会に出る上で大事なのは群像の感覚(自分は社会の中でどういう存在なのか、どういう特徴を持った人間なのかを自分で掴む感覚)だ、と言ってたんですが、 僕は自分がどういう人間かっていうことを考えるのがとても苦手なんです。自分を冷静に見つめるのなんて死ぬほど恥ずかしいし、自分の気持ちや性格なんてその時の気分で変わってしまうじゃねえか、なんて思っちゃうんです。(僕はストレングスファインダーとかもわざわざ本を買ってやったことがあるんですけど、自分の二択の回答にすら寺院が持てず、結果を信じることができませんでした。だからどんな強みがあると診断されたのかもわかりません(T . T))

と、こんな感じの人円なんですが、ブログを続けていくうちにだいたい自分はこんな人間なんだ、ということが見えてくるんじゃないかな、と期待しています。

 

とまあこんな理由から三ヶ月ほど前にブログを書こうと思ったわけなんですけど、そこからが長かった!持病が悪化して目が使えなかったり、何やかんやでテスト週間に入って忙しくなったり、パソコンが壊れたりと色々あったわけですが、今こうやってブログを投稿できることになりました。

 

始めるまではグダグダしましたが、これからは日々の記録と自己肯定感を上げるためにせっせと更新していきますので見守ってもらえたらな、と思います。